タグ:Chinese ( 2 ) タグの人気記事

中華風ローストチキン

d0104921_518912.jpg

この中華風ローストチキン、毎度だけれど母のレシピ。 実はこれ、実家の「お節」の最下段にいつも入っているもの。 なぜか実家では、なますやごまめのように、お正月料理のひとつに分類されてしまっていて、普段お目にかかることはあまりない。 でも、鶏肉を一晩マリネしてオーブンで焼くだけ=とっても簡単、そして美味しいので、ららら家では「普段のオカズ」として登場させることに♪

★ 材料★
鶏モモ肉 … 4枚~5枚
ネギ … 1本
生姜 … 2カケ
☆漬け汁
醤油 … 大さじ6~8
砂糖 … 大さじ3~4
日本酒 … 大さじ4~5
ごま油 … 大さじ1
塩 … 少さじ1
粒コショウ(白&黒) … 20~30粒

★ つくりかた ★

【1】 鶏肉は流水でよく洗い、水気を拭き取る。
【2】 ネギは斜めに薄切り、生姜は皮ごと薄切りにする。
【3】 漬け汁をジップロックに合わせ、鶏肉、ネギ、生姜を入れ、半日以上冷蔵庫で寝かせる。
【4】 オーブンを200℃に予熱する。
【5】 パーチメント・ペーパー(オーブン・シート)を天板に敷き、その上に鶏肉の皮目を上にして(皮はキレイに伸ばす)並べ、予熱したオーブン中段で15~20分焼く。
(焼いてる途中で、2~3回上下を返すと均等に焦げ目が付く)

手順はこれだけ! ね、カーンタンでしょ♪

こちらでは日本のような大きな鶏モモ肉がないので、5~6枚使うといいと思います。 それに、こちらのお醤油は日本のと比べてしょっぱいような気がするので、塩は省きました。  元のレシピでは、サラダ油大さじ1/2+ゴマ油大さじ1/2となっていましたが、いつもの「ららら式」で、えーい面倒なり~とゴマ油大さじ1にしてしまいました(笑)。 調味料にもかなり幅がありますが、どうぞお好みの味加減で・・・
[PR]
by lalala-la-la | 2007-10-31 05:16 | メイン(肉)

杏仁豆腐

d0104921_15155958.jpg世間ではよく「アンニン豆腐」と呼ばれるけれど、ウチではずっと「シンレン豆腐」と呼んでいる。 一体どちらが正しいのか?! 知り合いの中国人に聞いてみようと思いながら、いつも忘れてしまう・・・。 まーいいや、どっちでも。 ツルンとして美味しいからイイんだもんね~♪

★ 材料★
寒天 … 1本
水 … 2カップ(400cc)
砂糖 … 110g
牛乳 … 2カップ(400cc)
アーモンドエッセンス … 少々

シロップ
水 … 1カップ(200cc)
砂糖 … 50g
レモン … 1/2個(皮&ジュース)

★ つくりかた ★

【1】 寒天を水に入れ煮溶かす。
【2】 砂糖を入れ沸騰したら(1~2分)、牛乳を入れ、火を止める。
【3】 アーモンドエッセンスを加え、よく混ぜる。
【4】 粗熱が取れたら、ザルなどで漉しながら器に流しいれ、冷蔵庫で冷やし固める。
【5】 シロップを作る:小鍋に水と砂糖、摩り下ろしたレモンの皮とジュースを入れ、火に掛け、沸騰したら火を止めて冷ます。 粗熱が取れたら冷蔵庫でよく冷やす。
【6】 食べる前に適当に切り、シロップを掛けて召し上がれ。

毎度ですが、母のレシピ。

我が家では、消費期限の近づいた牛乳がたくさんある = あ、こりゃ杏仁豆腐だな・・・ という図式になる。

日本にいたときには、特に気をつけたことなかったけれど、アメリカに引っ越して来てからは、皮を使うときには(レモンもライムも)オーガニックを使うようにしている。 こっちの果物って、どの子もかしこもワックスがツルツルに掛かっていて、皮を食べようという気にはチョットなれない。

レモンの酸味がきいたシロップが爽やかでつい食べ過ぎてしまう杏仁豆腐。 どうぞお試しを!
[PR]
by lalala-la-la | 2007-05-19 15:07 | お菓子やデザート