<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

バターナット・スクウォッシュのグリル

d0104921_6192474.jpgスーパーの野菜売り場でバターナット・スクウォッシュ(Butternut Squash)を見るたび、「うーん、スープ以外にも何かもっと美味しく使えないかなぁ?」と思っていた。 ここ、アメリカではあまりバラエティに富んだ緑黄色野菜にお目に掛かれない(・・・ ともすれば「ブロッコリ」「ほうれん草」「グリーンビーンズ」のヘビー・ローテーションに(笑)。 ただでさえ、野菜不足になりがちなアメリカでの食生活・・・ 何とかしたいと思いついたこのグリル、とっても簡単、結構イケます!

★ 材料★
バターナット・スクウォッシュ … 1個
ブラウン・シュガー … 大さじ2
みりん … 大さじ1
水 … 大さじ2
バター … 大さじ2
醤油 … 大さじ1と1/2

★ つくりかた ★

【1】 バターナット・スクウォッシュは縦に半分に切り(とっても固いです!)、種とワタを取り除く。
【2】 耐熱性の大きなボウル(または大皿)にバターナット・スクウォッシュの皮目を上に置き、ラップをして、空気穴を3~4箇所開け、電子レンジで3分加熱する。
【3】 蒸気が当たらないよう注意してラップを外し、もう3本チンする。
【4】 バターナット・スクウォッシュをチンしている間に、醤油を除く調味料を小鍋に入れて、砂糖とバターが溶けるまで加熱しておく(加熱し過ぎるとキャラメルみたいになるので注意!)。
【5】 天板にパーチメント・ペーパー(オーブン・シート)を敷き、バターナット・スクウォッシュの今度は皮目を下にして、アヂヂと並べ、包丁で縦1本、横4~5本切り目を入れる(お好みで。 切り目は皮を貫通しないように・・・ 調味液が流れ出てしまいます)。
【6】 【4】で用意した調味料をバターナット・スクウォッシュの窪みに流しいれ、窪みのない平らな部分にもスプーンの背中で気持ちチョッチョッと調味料を塗る。
【7】 オーブンをブロイル(高温)にし、3分ほど加熱。
【8】天板を取り出して、醤油をジャッと回しかけ、オーブンに戻し、約1分、良い焦げ色がついて香ばしい香りがするまで焼く。

エィコーン・スクウォッシュ(どんぐり型のカボチャ?!)にブラウンシュガーとバターを載せてグリルするというレシピを見て、これにみりんや醤油を加えたら・・・?と試してみたものです。 シンプルで美味しいです~♪
[PR]
by lalala-la-la | 2007-10-31 06:14 | 付け合せ

中華風ローストチキン

d0104921_518912.jpg

この中華風ローストチキン、毎度だけれど母のレシピ。 実はこれ、実家の「お節」の最下段にいつも入っているもの。 なぜか実家では、なますやごまめのように、お正月料理のひとつに分類されてしまっていて、普段お目にかかることはあまりない。 でも、鶏肉を一晩マリネしてオーブンで焼くだけ=とっても簡単、そして美味しいので、ららら家では「普段のオカズ」として登場させることに♪

★ 材料★
鶏モモ肉 … 4枚~5枚
ネギ … 1本
生姜 … 2カケ
☆漬け汁
醤油 … 大さじ6~8
砂糖 … 大さじ3~4
日本酒 … 大さじ4~5
ごま油 … 大さじ1
塩 … 少さじ1
粒コショウ(白&黒) … 20~30粒

★ つくりかた ★

【1】 鶏肉は流水でよく洗い、水気を拭き取る。
【2】 ネギは斜めに薄切り、生姜は皮ごと薄切りにする。
【3】 漬け汁をジップロックに合わせ、鶏肉、ネギ、生姜を入れ、半日以上冷蔵庫で寝かせる。
【4】 オーブンを200℃に予熱する。
【5】 パーチメント・ペーパー(オーブン・シート)を天板に敷き、その上に鶏肉の皮目を上にして(皮はキレイに伸ばす)並べ、予熱したオーブン中段で15~20分焼く。
(焼いてる途中で、2~3回上下を返すと均等に焦げ目が付く)

手順はこれだけ! ね、カーンタンでしょ♪

こちらでは日本のような大きな鶏モモ肉がないので、5~6枚使うといいと思います。 それに、こちらのお醤油は日本のと比べてしょっぱいような気がするので、塩は省きました。  元のレシピでは、サラダ油大さじ1/2+ゴマ油大さじ1/2となっていましたが、いつもの「ららら式」で、えーい面倒なり~とゴマ油大さじ1にしてしまいました(笑)。 調味料にもかなり幅がありますが、どうぞお好みの味加減で・・・
[PR]
by lalala-la-la | 2007-10-31 05:16 | メイン(肉)