カテゴリ:付け合せ( 3 )

バターナット・スクウォッシュのグリル

d0104921_6192474.jpgスーパーの野菜売り場でバターナット・スクウォッシュ(Butternut Squash)を見るたび、「うーん、スープ以外にも何かもっと美味しく使えないかなぁ?」と思っていた。 ここ、アメリカではあまりバラエティに富んだ緑黄色野菜にお目に掛かれない(・・・ ともすれば「ブロッコリ」「ほうれん草」「グリーンビーンズ」のヘビー・ローテーションに(笑)。 ただでさえ、野菜不足になりがちなアメリカでの食生活・・・ 何とかしたいと思いついたこのグリル、とっても簡単、結構イケます!

★ 材料★
バターナット・スクウォッシュ … 1個
ブラウン・シュガー … 大さじ2
みりん … 大さじ1
水 … 大さじ2
バター … 大さじ2
醤油 … 大さじ1と1/2

★ つくりかた ★

【1】 バターナット・スクウォッシュは縦に半分に切り(とっても固いです!)、種とワタを取り除く。
【2】 耐熱性の大きなボウル(または大皿)にバターナット・スクウォッシュの皮目を上に置き、ラップをして、空気穴を3~4箇所開け、電子レンジで3分加熱する。
【3】 蒸気が当たらないよう注意してラップを外し、もう3本チンする。
【4】 バターナット・スクウォッシュをチンしている間に、醤油を除く調味料を小鍋に入れて、砂糖とバターが溶けるまで加熱しておく(加熱し過ぎるとキャラメルみたいになるので注意!)。
【5】 天板にパーチメント・ペーパー(オーブン・シート)を敷き、バターナット・スクウォッシュの今度は皮目を下にして、アヂヂと並べ、包丁で縦1本、横4~5本切り目を入れる(お好みで。 切り目は皮を貫通しないように・・・ 調味液が流れ出てしまいます)。
【6】 【4】で用意した調味料をバターナット・スクウォッシュの窪みに流しいれ、窪みのない平らな部分にもスプーンの背中で気持ちチョッチョッと調味料を塗る。
【7】 オーブンをブロイル(高温)にし、3分ほど加熱。
【8】天板を取り出して、醤油をジャッと回しかけ、オーブンに戻し、約1分、良い焦げ色がついて香ばしい香りがするまで焼く。

エィコーン・スクウォッシュ(どんぐり型のカボチャ?!)にブラウンシュガーとバターを載せてグリルするというレシピを見て、これにみりんや醤油を加えたら・・・?と試してみたものです。 シンプルで美味しいです~♪
[PR]
by lalala-la-la | 2007-10-31 06:14 | 付け合せ

中華サラダ

d0104921_7515584.jpg母の中華サラダは、麺が春雨に換わった「冷やし中華」のような感じ。 酸っぱくて、ツンと辛くて、味のしみた翌日も、これまたオイシイ♪

★ 材料(約 4人分 ) ★
春雨 … 30g
きゅうり … 小1本
トマト … 小1個
たまご … 2個
ハム又はかに棒(お好みで両方) … 適宜
☆タレの材料
練からし … 小さじ1/2
しょうゆ … 大さじ2
酢 … 大さじ2~4
砂糖 … 大さじ1
ゴマ油 … 少々

★ つくりかた ★

【1】 春雨は3~5分茹でて冷水に取り、水気を切って長さを適当に切っておく。
【2】 たまごは塩少々(分量外)を加えて溶き、油を引いたフライパン、又はたまご焼き器で薄焼きたまごを作る。
【3】 きゅうりは塩ずりし、トマトはヘタを取って、それぞれ千切りにする。 薄焼きたまごが冷めたら、それも千切り。
【4】 ハムは長さを半分にして千切り。 かに棒は手で適当に裂く。
【5】 タレを作る。 材料が全部入るくらいの大き目のボウルに、練からしと砂糖を混ぜ、酢を少しずつ加えてよく混ぜる。 しょうゆ、ゴマ油も加えて混ぜる。
【6】 タレを混ぜたボウルに千切りにした材料を全部加え、よく和える。

「ママのレシピ」みたいなものは大体そうだけど、材料が全て揃わなくても、材料が足りなくても多くても全然大丈夫! 春雨ときゅうりとたまごさえあれば充分美味しく出来ます(この写真のもトマトが入ってません)。 でも、色々入れると彩りもキレイだし、味も複雑になって、よりオイシイ~♪

ワタシは酸っぱ好きなので、酢は大さじ4くらい入れますが、酸っぱいのが苦手な方のために、大さじ2~4と酢の分量に幅を持たせてあります(お好みで調整してください)。 

「おばんざい」みたいなもので、注意点なんてエラそうですが・・・(笑)
① たまごは温かいと切りにくく、キレイな錦糸玉子になりません 
② 練からしは最初に加えないとなめらかに混ざりません
錦糸玉子がキレイに切れなかったくらい、どうってことないのですが、練りからしが上手く混ざらずに塊に当たってしまったら辛~い!ので、ご注意を(笑)。 
[PR]
by lalala-la-la | 2007-04-03 07:35 | 付け合せ

アメリカのグリーンで日本のおひたし

d0104921_12545994.jpgアメリカの野菜売り場で大束で売っているマスタードグリーンや、コラード・グリーン、ターナップグリーン・・・。 こちらではハムの塊と共に(茶色っぽくなるまで)クタクタに煮るのが一般的だけれど、ほうれん草代わりにいろいろ使えるかも・・・と試してみたものの一つ。 それというのも、アメリカではほうれん草が高価な上、大袋入りでもゆでると量減りして情けないくらいちょびっとになってしまうから。 緑黄色野菜はいっぱい茹でてワサワサ食べたいもの! 

★ 材料( 4人分 ) ★
Mustard Green (またはTurnip Green) … 1束
すりゴマ … 大さじ2
しょうゆ … 大さじ3
砂糖 … 大さじ1
だし … 大さじ1
マヨネーズ(お好みで) … 大さじ1~2
(すりゴマ+マヨネーズ+めんつゆってのは更にカンタン♪)

★ つくりかた ★

【1】 グリーンは、砂が付いていることが多いので、よく水洗いし、お鍋に入るくらいの大きさに切る。 このときマスタードグリーンの硬い芯の部分は筋っぽいので取り除く。
【2】 塩を入れたたっぶりのお湯を沸かし、マスタードグリーン(またはターナップグリーン)を茹でる。 時間は4分~6分くらい。 お好みで。 
【3】 茹ったら冷水に取り、3分ほど水にさらして水分を絞る。 グリーンの葉は大きいので、粗く刻む。
【4】 ボウルにすりゴマ、砂糖、しょうゆ、だし(マヨネーズを入れる場合はここで一緒に)を入れてよく混ぜ、グリーンを加えて和える。



ターナップグリーンの場合、茎の部分をちょいと拝借し、刻んで塩をしておくと、カブの葉のお漬物ができるというボーナス(?)付き。 かつお節とおしょうゆをまぶし、炊き立てご飯にのっけて食べれば、ここは日本?!
[PR]
by lalala-la-la | 2007-02-11 12:49 | 付け合せ