カテゴリ:サンドウィッチ( 2 )

ベーコンエッグのサンドウィッチ

d0104921_14153936.jpg昔、昔、その昔、フランスパンで結構有名なパン屋さん直営のサンドウィッチ・パーラーでバイトをしていた。 
慣れてくると、厨房も手伝わされたりしたのだけれど、そこで働いてた人はみんな自分が「世界一のサンドウィッチ・メーカー」だと自負してたのが、可笑しかった。 え、ワタシ? もちろん、そのうちの1人です~♪

★ 材料(1人分 ) ★
ベーコン … 2~3枚
たまご … 2個
トマト … スライスしたもの2枚
サンドウィッチ用のパン … 4枚
パンに塗るバター … 少々
パンに塗るマスタード … 少々
マヨネーズ … 適宜

★ つくりかた ★

【1】 パンはトーストして、そのうちの2枚にバターとマスタードを塗っておく。
【2】 バターとマスタードを塗ったパン2枚にスライス・トマトをそれぞれ一切れ置く。
【3】 ベーコンは一口大に切り、フライパンで火を通して(カリカリにしないで、火が通ったくらいでサッと)取り出しておく。
【4】 たまごは塩少々(注:ベーコンの塩気も考慮に入れて、お好みで)を加えて溶き、取り出しておいたベーコンを加えて、油を引いて熱したフライパンにジャーッと流しいれ、常時強火で、スパニッシュ・オムレツのように丸く焼く(火の通しすぎ厳禁! でも、海外など、タマゴの新鮮さに信頼のおけない国にお住まいの方(ワタシ含む)はその限りではありません(笑)。
【5】 焼いたベーコンエッグを熱々のまま、フライ返しなどでざっと半分に切り、トマトの上に直にジュッと置く。
【6】 残りのパン2枚にマヨネーズを塗って上から挟む。

このサンドウィッチ、冷めても美味しいことは美味しいんだけれど、出来立ての熱々が身上(なので、レタスは挟みませーん!)。 出来立てを「あぢぢ~!」と言いつつ、ガブリとかぶりつくべし。

ワタシは、たまごを焼くときはオリーブ油かグレープシード(またはキャノーラ)を使用するけれど、夫はベーコンに火を通したときに出る脂で料理してくれと言う。 そりゃ美味しいだろうさぁ・・・ でも、身体に悪いぞ~と思いつつ、夫が傍にいるときはリクエスト通り「ベーコンの脂」を使うけれど、見てないときは、オリーブ油にする。 ← ココだけの話ね(笑)。

この写真のサンドウィッチを作ったときは、トマトを切らしてて(!)他に野菜がなかったので、グリーン(青菜)をマヨネーズで和えたものを使用。


 
[PR]
by lalala-la-la | 2007-04-09 13:43 | サンドウィッチ

チキンサラダのサンドウィッチ

d0104921_13131050.jpgアメリカには、ツナサンドのチキン版といった感じの「チキンサラダ・サンドウィッチ」というものがある。 スーパーには鶏胸肉の水煮の缶も売っているけれど、私はもっぱらローストチキンやコンソメの煮込みなどで余った鶏肉をリサイクル。 簡単で安上がりなので是非お試しあれ♪





★ 材料( 2~3人分 ) ★
鶏胸肉(又はささみ) … 1枚
セロリ … 1本
玉ねぎ … 1/4個
マヨネーズ … 大さじ3
ディジョンマスタード … 小さじ1
ディル(又はお好みのハーブ) … 適宜
レモン汁 … 少々
こしょう … 少々
♪りんご … 1/4~1/2個
♪ピクルス … 小3本ほど
♪くるみ … 適宜
パン … 作る人数分X2
レタス … 適宜

★ つくりかた ★

【1】 鶏肉は茹で、冷めてから手で細かく裂いておく。
【2】 セロリは1cm角くらいのサイコロ状に、玉ねぎはみじん切りにしておく。 ♪マークの材料はお好みで。 入れる場合は、いずれもセロリと同じくらいの大きさに切っておく。
【3】 材料を全てボウルに入れ、マヨネーズ、マスタード、ディル、レモン汁、こしょうを加えて混ぜる。
【4】 パンにバターとマスタード(共に分量外)を塗り、レタス→チキンサラダを載せ、もう1枚のパンで挟む。 出来上がり♪

鶏肉は必須ですが(笑)、あとの材料は冷蔵庫にあるもので(ゆで卵、レーズンなど加えても美味しい)。 全体を混ぜてみてパサついているようならパルメザンチーズを少々、クリーミィ過ぎるようならレモン汁を多目に入れるのがウチのスタイル。 写真はハラペコ仕様のハムとチーズ入り!
[PR]
by lalala-la-la | 2007-02-12 13:17 | サンドウィッチ